京都市健康増進センターヘルスピア21京都市健康増進センター    
ホーム
お問合せ
京から始めるいきいき筋力トレーニング いきいき筋トレルーム シニア体力向上教室 Q&A スタッフ紹介 資料請求
いきいき筋トレボランティア いきいき筋トレ
利用案内
利用案内・利用時間
初心者講習会のご案内
トレーニングルーム
プールエリア
リラクゼーションエリア
館内ご案内図
施設概要・交通
ヘルスピア21概要
各種スポーツ教室案内
スタジオ
プール
健康教室
定期利用制度案内
s

 

s
チャレンジ企画
s
健康情報
ウォーキング
ストレッチ
s
スタッフ紹介
s
お問い合わせ
s
最新情報
s
休館日について
s
 
TOP > いきいき筋トレコミュニティ通信Vol.2
いきいき筋トレボランティアメニュー
いきいき筋トレ普及推進ボランティアとは いきいき筋トレコミュニティ通信
いきいき筋トレ活動マップ いきいき筋トレ普及推進ボランティ養成講座ご案内
ボランティアのよくある質問(ボランティア向け) ボランティア活動報告書
 
いきいき筋トレボランティア通信
バックナンバー
vol.13 Vol.12 Vol.11  VOl.10 Vol.9 Vol.8 Vol.7 Vol.6   Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1

 

 

いきいき筋トレボランティア通信 Vol.13 2012年 7月

 

京都市いきいき筋トレボランティア「登録者数414名」

 現在,414名の仲間が京都市いきいき筋トレボランティアに登録し,いきいき筋トレの普及推進のためにご活躍いただいています。
事務局も及ばずながらご協力,サポートさせていただきますので,今後ともよろしくお願い申し上げます。

積極的に受けよう!登録更新認定講習会

 さて,平成23年度より登録更新制度がスタートしていますが,登録更新認定講習会を受講していただきましたでしょうか。すでにご承知のように,養成講座を終了した次年度より3年間に10単位以上を取得していただかなければ登録更新ができません。 ご多忙とは存じますが,京都市いきいき筋トレボランティアの資質の維持,向上を図るのに重要な講習会ですので,必ず受講していただきますようお願い申し上げます。なお,講習会の内容等について,ご希望がございましたらご連絡くださいますようお願い申し上げます。(登録更新認定講習会は,インフォメーションコーナーでもご案内しています。)

 

 

 高齢者の「居場所」と「生きがい」つくり

■全国的に広がる高齢者の「居場所づくり」

 高齢者の居場所づくりが広がっています。その中の代表的な取り組みは社会福祉協議会が実施している「いきいきサロン」や「ふれあいサロン」の事業です。
サロンの内容は,企画する住民の裁量によるところが大きく,地域の居場所づくりを行いたいと考える人にとっては大きな可能性を持つ事業です。京都市では「健康すこやか学級」という事業で,介護予防に関する活動や健康状態の確認,レクリエーション等を行い,社会参加の促進や閉じこもりを防止し,長く住み慣れた地域で生活できるように支援しています。
全国的に行われている事業の内容としては介護予防教室を一定期間行い,教室終了後に自主活動につなげていくケースが多く見られます。

いきいき筋トレが高齢者の「生きがい」

 京都市でも,学区社協の健康すこやか学級等で,地域包括支援センターや介護予防推進センターが介護予防教室を実施した後,教室受講者が継続して行う自主的な運動教室として,いきいき筋トレ教室を開催している地域もあります。
また,学区社協によっては,健康すこやか学級の事業とは別の活動として,いきいき筋トレ教室を実施している地域もあります。
京都市いきいき筋トレボランティアにより,定期的にいきいき筋トレ教室を継続することが,地域を元気にする源になっています。地域の方と顔を合わす機会が増え,一緒にからだを動かす喜びを共有することで,知己との繋がりが深まり,ふだんの生活が充実したものになるという声が大勢の方から聞かれます。いきいき筋トレが地域を活性化させ高齢者の「居場所」や「生きがい」をつくるのにも役立っているのです。 

活動紹介 どんなンしてはんの??

今回は,いきいき筋トレボランティアになって8年になる西京区の方に活動を始めてからの身体の変化や継続の効果などについてお話を伺いしました。

 

「いきいき筋トレとの出会い」

 平成16年に退職後,地元への奉仕活動をしたいと思っていましたところ,めじろ会の役員の方から,いきいき筋トレボランティアの募集があるので,ぜひとも応募して指導してほしいと要望され受講しました。
当時,わたしは体型も悪く,85kgの体重に加え,ウエストが103cmあって,市民検診においても高脂血症など生活習慣病の改善を指摘されていました。
皆さんの前で指導するには,まずスリムになることが先決だと目標を定め,景勝地嵐山,嵯峨野めぐりなどのウォーキングといきいき筋トレに努め,体力づくりに心がけました。すると,早くも3kgの減量の効果が生じ,やる気もさらに増しました。翌年には,地元の他2か所で高齢者の指導をいたしました。
指導においては,参加者とのコミュニケーションを図るため「脳トレ」を最初から取り入れました。これはわたしの叔母が80歳代で認知症になり,3年間介護に苦労した経験から,高齢者の認知症予防の大切さを認識していましたので,強く力をいれることとしました。ヘルスピア21で「ひとりジャンケン」を教示され,それをヒントに「後だしジャンケン」を編み出し,より一層参加者との対話,交流を深めることとなりました。体重も6kg減となり,病院での検査でも脂肪肝と高脂血症がすでに完治していることが判明しました。
現在,地元2か所,他所1か所で指導を続けていますが,体重は71kgです。何と14kg減で,背広,ズボンがすべてダブダブで着用できず,新調を余儀なくされましたが,晩年ケガがなく(ハゲ頭)充実した人生を送れることとなりました。
このようにヘルスピア21のおかげで,いろいろな人々と出会い,体力づくりができ,地元の小学生の登下校の見守りを積極的に行い,安全安心のまちづくりにも参加しています。
いきいき筋トレとの出会いが自分のためにも,地域の人々のためにも役立ち,感謝の一言でございます。
今後も「ピンピンころり」で逝くことを夢として,いつまでも介護を受けることのない余生を送りたいと強く願っています。

 ありがとうございました。ほかのボランティアの皆さんも活動の様子を紹介してください。ご連絡お待ちしています。

 生活習慣病予防に必要な身体活動量をご存知ですが?

不健康な生活習慣から起こる生活習慣病を防ぐには,そのもととなるメタボリックシンドロームを防ぐことが重要です。メタボリックシンドロームとはおなかの内臓のまわりに脂肪がたまる内臓脂肪型肥満に加え,高血糖,高血圧,脂質異常のいずれか2つ以上をあわせもった状態をいいます。メタボリックシンドロームは,動脈硬化を進め脳卒中や心臓病などを引き起こす大きな要因となります。

★週23エクササイズの活発な身体活動,そのうち4エクササイズは活発な運動を

身体活動が多いほど、 血液中の糖や脂質の代謝が活発になり,内臓脂肪の減少や生活習慣病の予防につながります。まず目標にしたいのは,週23エクササイズの活発な身体活動(3メッツ以上)そのうち4エクササイズは活発な運動を行うことです。

★身体活動ってなに?

身体活動とは,安静にしている以外のすべての動きで,体力の維持・増進を目的にした筋トレやウォーキングなどの「運動」と日常生活における家事,通勤,労働などの「生活活動」に分けられます。目標である「活発な身体活動」とは3メッツ以上の強度の身体活動で,ストレッチやオフィスワークなど低強度の運動・生活活動は含まれません。

★メッツってなに?

運動の強さを表す単位です。身体活動の強さを,安静時の何倍に相当するかで表す単位で,座って安静にしている状態が1メッツ,普通歩行が3メッツに相当します。

★エクササイズってなに?

身体活動の量を表す単位です。身体活動の量(エクササイズ)は身体活動の強度(メッツ)に身体活動の実施時間(時)をかけたものです。より強い身体活動ほど短い時間で1エクササイズとなります。

(例)
3メッツの軽い筋トレを40分行った場合…3メッツ×2/3時間=2エクササイズ
4メッツの速歩を30分行った場合…4メッツ×1/2時間=2エクササイズ

★1エクササイズに相当する身体活動の表

どんな身体活動を何分行えば1エクササイズになるのか次の表で確認してみましょう。

 

メッツ 活動内容 時間
3.0 軽い筋トレ,普通歩行(4km/時),バレーボール,洗車 20分
4.0 速歩(6km/時),卓球,水中運動,自転車(16km/時未満),風呂掃除 15分
5.0 かなり速歩(6.4km/時),野球,子どもとドッジボール 12分
6.0 強い筋トレ,ゆっくり水泳,家具の移動,スコップで掘る 10分

 

★週2~3回の筋トレと1日1万歩で目標達成!

「週23回エクササイズの活発な身体活動」は歩行中心の活動の場合で1年あたり,およそ6千歩(60分)になります。日常生活の中では低強度(3メッツ未満)で意識されていない歩数が2千~4千歩あるので,1日当たりの歩数の合計としては,およそ8千~1万歩になります。また,「週4エクササイズの活発な運動」は週2~3回の筋トレをすることでほぼ目標を達成できます。

「エクササイズ」について,もっと詳しく知りたい方は,各区保健センターにある「身体活動量を増やしてメタボを予防しましょう!京(今日)から始めるメタボビクス」のガイドブックを参考にしてください。 

 

 京都市いきいき筋トレボランティア インフォメーション

 

◆登録更新認定講習会への参加について

平成23年度までに養成講座を終了された方には今年度の登録更新認定講習会のご案内を送らせていただいております。講習会に参加し,活動の幅を広げて教室をより充実させてください。さらに,講習会を参加者同士の情報交換の場として活用していただければ幸いです。登録更新は平成16年度から平成22年度までの修了生は平成26年3月に,平成23年度修了生は平成27年3月に必ず実施していただきますようよろしくお願いいたします。平成24年度修了生には,平成25年度以降にご案内をお送りいたしますのでお待ちください。
※申込開始日は,各講習会で異なりますので,お間違いのないようご注意ください。また,電話でのお申し込みはできませんので必ず指定の用紙にご記入の上,FAXでお申込みください。

 

 ◆いきいき筋トレ教室無料体験について

今年度もヘルスピア21で開講している「いきいき筋トレ教室」の無料体験ができます。実技だけでなく,指導の際の声のかけ方などを確認する良い機会ですのでぜひ体験にお越しください。
今年度は平成25年3月27日(水)まで体験していただけます。(要予約)

 

 ◆ボランティア何でもホットラインについて

京都市いきいき筋トレボランティアの相談窓口です。初めて活動するとき,対象者に合わせたメニューを知りたいとき,活動していて困ったことなど,いきいき筋トレボランティアに関することであればなんでもお気軽にご相談ください。下記の電話はヘルスピア21につながります。

℡0120-21-3356(火~土曜日 9:00~17:00) 

 

 
ヘルスピアだより

ヘルスピア21では65歳以上の方を対象とした各種の介護予防教室を実施しております。対象となるボランティアの皆様もご自分の健康づくりに,また勉強の一環としてさんかされてはいかがでしょうか?

・シニア体力向上教室(介護予防の運動)

・スマイル栄養塾(体重のコントロール)

・シニア栄養相談(低栄養の予防)

・かむかむ教室(口腔ケアと栄養)

1,000円~1,500円/(3週間~3か月教室)

※各教室によって費用と実施期間が異なります。詳しくはお問い合わせください。

 

 

 ◆活動報告書の提出について

活動報告書を基に,活動状況を調査しておりますので,必ず提出してください。1か月間で複数回の活動をされている方は,1か月分まとめて月末に報告してください。また,複数のボランティアさんで活動されている場合は,連名で提出していただいても構いません。なお,Eメールでも報告書を提出していただけますので,ご活用ください。

Eメールアドレス volunteer@healthpia21.net

 

~編集後記~

皆さんの「いきいき筋トレ教室」の様子はいかがですか。活動報告書を拝見させていただくと,脳トレに時間が費やされ筋トレの時間が短くなっているグループをお見かけします。今後は団塊の世代の方々が高齢者の仲間入り(65歳になる)をされています。『いきいき筋トレ』をしっかりと実施していただき,元気な地域をつくってくださいね。よろしくお願いいたします。