京都市健康増進センターヘルスピア21京都市健康増進センター    
ホーム
お問合せ
京から始めるいきいき筋力トレーニング いきいき筋トレルーム シニア体力向上教室 Q&A スタッフ紹介 資料請求
いきいき筋トレボランティア いきいき筋トレ
利用案内
利用案内・利用時間
初心者講習会のご案内
トレーニングルーム
プールエリア
リラクゼーションエリア
館内ご案内図
施設概要・交通
ヘルスピア21概要
各種スポーツ教室案内
スタジオ
プール
健康教室
定期利用制度案内
s
京都市健康増進センター診療所
s
チャレンジ企画
s
健康情報
ウォーキング
ストレッチ
s
スタッフ紹介
s
お問い合わせ
s
最新情報
s
休館日について
s
 
TOP > いきいき筋トレコミュニティ通信Vol.2
いきいき筋トレボランティアメニュー
いきいき筋トレ普及推進ボランティアとは いきいき筋トレコミュニティ通信
いきいき筋トレ活動マップ いきいき筋トレ普及推進ボランティ養成講座ご案内
ボランティアのよくある質問(ボランティア向け) ボランティア活動報告書
 
いきいき筋トレボランティア通信
バックナンバー
vol.13 Vol.12 Vol.11  Vol.10 Vol.9 Vol.8  Vol.7 Vol.6   Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1
いきいき筋トレボランティア通信 Vol.10 2011年 2月

 

 立春とはいえ,寒気もまだまだ衰えない毎日が続いております。皆様,体調を崩したりはされていませんでしょうか。2011年は,ボランティアの皆様 に登録更新をしていただき,京都市いきいき筋トレボランティアが再スタートする年です。ヘルスピア21としては,講習会などを定期的に開講し,皆様の活動を大いに盛り上げていこうと考えています。今後も,いきいき筋トレの普及推進にますますご活躍いただきますようお願い申し上げます。

l
活動紹介 どんなんしてはんのん?

 

今回紹介するのは,中京区の筋トレ教室です。この教室では,日用品の輪ゴムを活用して筋トレをステップアップさせておられます。ヘルスピア21の講習会で紹介した内容に少しアレンジするだけで筋トレのバリエーションが増えます。皆さんもご自分のオリジナルプログラムをつくってみましょう。

「筋トレ」でつながりのある暮らしやすい地域づくりを! 中京区 中村 氏

「筋トレ教室」を始めて5年が過ぎました。平成23年1月現在で244回開催し,ボランティアも含め延べ7,720名の方に参加してもらいました。平均年齢74歳で,皆さん毎週水曜日を楽しみに頑張っています。

教室内容は,始めに目や口腔の運動,唄や楽器に合わせて準備運動をし,休憩をはさんでストレッチをします。次に筋トレをし,最後は静かな音楽を流してクールダウンをします。90分間の「筋トレ教室」を楽しくやってもらっています。

準備運動のひとつとして,今年から北原白秋の「五十音」の詩に振りを付けて全身運動をしています。

また,筋トレのひとつとして,東山区の筋トレボランティアから教えてもらった輪ゴムをセラバンドとして使った内容を5~6種目取り入れています。東山区では椅子に座ってされているようですが,私がしている教室では立位で行っています。参加者からは人気のある種目となっています。

輪ゴムのセラバンドは,幅17㎜の輪ゴムを12個繋げて作成しました。

これからの「筋トレ教室」が介護予防の推進となり,つながりのある暮らしやすい地域づくりの場であるように頑張って続けたいと思っています。

   

<効果的な運動器の機能向上について>

世界一位の長寿国である我が国では,介護を必要とする高齢者が増加しており,これからの施策は,単に長寿をめざすだけでなく,元気で長生き,いわゆる健康寿命を延ばすことを目標とする必要があります。そのためには,生活習慣病の予防に加えて,自立した生活を営むための基礎となる運動器(身体機能を担う筋,骨格,神経系の総称)の機能向上に積極的に取り組むことが重要です。

厚生労働省のデータによると,運動器の機能向上プログラムの効果は実施方法によって大きく異なることがわかっています。筋力トレーニングにバランス運動などを取り入れた包括的なトレーニングは,運動器の機能向上に有効であるとされていますが,単にレクリエーションやゲームをするだけのプログラムでは期待される効果がでにくいとされています。

いきいき筋トレボランティアの皆さんが参加されている教室では,介護予防の目的に合った運動プログラムが実施されているでしょうか。

介護予防が目的の教室は,楽しさだけでなく,いきいき筋トレのような効果的な運動に遊びの要素をプラスし,やる気を引き出しながら進めることが重要です。

運動プログラムにボールやタオルなどのツールを使用する場合は,教室を楽しいものにし,参加者が飽きることなく続けられ,結果として教室の効果が高められるように工夫しましょう。 

 

 

!! 事故防止に必要な安全チェック !!

運動中に起きる事故の原因は,

①参加者の身体的要因 ②施設整備の安全対策の不備 ③無理な運動や安全への配慮不足 ④指導者の指導力不足 ⑤季節や気象条件などの自然環境の変化 ⑥不可抗力 などがあります。事故を未然に防ぐ為に,これらの要因の安全をチェックしましょう。

【 安全チェック項目 】

□ 会場は運動に適しているか(広さ,床の状態,障害物の位置,冷暖房,換気の状況,照明など)

□ 事故発生時に適切な対応ができるか(安全確保,応急手当,容態の観察,搬送,119番通報)

□ 参加者の事故発生時の連絡先を確認しているか

□ 参加者の服装は,運動内容,天候,年齢などからみて適切か

□ 参加者の情報(既往歴,体力,経験など)を得て適切に指導しているか

□ 必要に応じてメディカルチェックを勧めているか

□ 運動の必要性,効果,注意点を十分に指示しているか

□ 体調に異常を感じた場合の申し出は徹底しているか

□ 遅れて参加した人に準備運動を指示しているか

□ 参加者の体調や天候の変化を常に観察し,予定を変更する勇気をもっているか

□ 定期的にアンケートなどで,体調,疑問,満足度などを確認できているか

 

 

 

いきいき筋トレボランティア インフォメーション

◎ヘルスピア21で実施の筋トレ教室体験について

ヘルスピア21のスタッフが指導している教室を体験しませんか。活動していても指導方法に不安のある方,活動の機会が少なかった方など,皆様にいきいき筋トレの内容を再確認していただけるはずです。実際の教室を体験していただき,ぜひ今後の活動に活かしてください。(要予約)

◎住所や連絡先が変更になった人,ボランティア登録を取り消す人の届出について

近頃,電話での連絡がとれなくなったり,送付した案内が返送されてきたりすることが多くなってきました。住所や電話番号等の登録内容に変更が生じた場合や活動ができなくなって登録を取り消される場合は,お手数ですが,登録事項変更届または登録取消届を提出してください。

◎活動報告書を提出してください

皆様からいただいた活動報告書を基に,活動状況と活動場所の調査をしております。また,登録更新時に申請された活動実践状況を確認する際にも必要になりますので,必ず提出していただけますようお願い申し上げます。

◎ボランティア何でもホットラインについて

いきいき筋トレボランティア皆様の相談窓口です。初めて活動する時,対象者に合わせたメニューを知りたい時,活動していて困ったことなど,いきいき筋トレに関することであればどのようなことで構いません。お気軽にご相談ください。

TEL 0120-21-3356 (火~土曜日 9:00~17:00)

 

発行 京都市健康増進センター(ヘルスピア21)
「いきいき筋トレボランティア」事務局

企画・編集・協力 いきいき筋トレボランティア