京都市健康増進センターヘルスピア21京都市健康増進センター    
ホーム
お問合せ
京から始めるいきいき筋力トレーニング いきいき筋トレルーム シニア体力向上教室 Q&A スタッフ紹介 資料請求
いきいき筋トレボランティア いきいき筋トレ
利用案内
利用案内・利用時間
初心者講習会のご案内
トレーニングルーム
プールエリア
リラクゼーションエリア
館内ご案内図
施設概要・交通
ヘルスピア21概要
各種スポーツ教室案内
スタジオ
プール
健康教室
定期利用制度案内
s
京都市健康増進センター診療所
s
チャレンジ企画
s
健康情報
ウォーキング
ストレッチ
s
スタッフ紹介
s
お問い合わせ
s
最新情報
s
休館日について
s
 
TOP > いきいき筋トレコミュニティ通信Vol.2
いきいき筋トレボランティアメニュー
いきいき筋トレ普及推進ボランティアとは いきいき筋トレコミュニティ通信
いきいき筋トレ活動マップ いきいき筋トレ普及推進ボランティ養成講座ご案内
ボランティアのよくある質問(ボランティア向け) ボランティア活動報告書
 
いきいき筋トレボランティア通信
バックナンバー
vol.13  Vol.12 Vol.11  Vol.10 Vol.9 Vol.8  Vol.7 Vol.6   Vol.5 Vol.4 Vol.3 Vol.2 Vol.1
いきいき筋トレボランティア通信 Vol.11 2011年 9月

 

いつまでも暑さが厳しいですが,ますますご活躍のこととお喜び申し上げます。皆様からの報告書を拝見させていただくと,活動場所が少しずつ増えていることがわかります。活動場所を見つけるのが難しい中,ボランティアの皆様が各施設やご近所に「筋トレをはじめてみませんか」と声をかけていただいていると聞きます。皆様の積極的な取り組みが大きな実を結びます。今後も一緒に頑張りましょう。

l
活動紹介 どんなんしてはんのん?

 

今回ご紹介するのは,ボランティアさんが日頃参加しているサークルに「いきいき筋トレ」を取り入れられた事例です。身近な所で始めてみようと思ったきっかけや「いきいき筋トレ」への思いを教えていただきました。

身近なところから始めよう  北醍醐学区のボランティアさん

学区社協の活動でグランドゴルフを月2回,古道公園で朝9時頃から,介護予防と孤独高齢者をなくすことを目的に行っています。いきいき筋トレは,グランドゴルフ開始前に,公園の木陰で約30分間,足踏みから始めてストレッチ,筋トレの手順で実施しています。参加者は,男性13~15名,女性10~13名で,平均年齢は74歳です。

それから,月1回,室内で椅子の利用が多い「座って楽しむ会」を実施しています。参加者は73~78歳,男性2~3名,女性18名です。参加される方の中には,足や腰の調子が悪い方がいて,長く椅子に座っていると疲れている様子が目につきます。そこで,たまにですが,体をほぐす運動として,指の体操やストレッチを行っています。

グランドゴルフの時に「いきいき筋トレ」を始めた理由は,競技で体を動かしていても筋力がアップしない。また,競技をするには筋力をつける必要があると思ったからです。

社協役員に「京都市いきいき筋トレボランティア」に認められたことを話し,高齢者の介護予防として「いきいき筋トレ」を活動に取り入れるように勧めました。

私自身,未経験で不安があり,初めは手間取りましたが,何回も参考書を読み,ヘルスピア21の講習会で習ったトレーニングの話をしたり,実演をしたりで自信をつけていきました。

参加者からは,「運動を教えてもらって,足の疲れが軽減したようだ」「運動を始めて肩こりが緩和された」「体操を続けてほしい」との雄江をいただいています。

ボランティアは,人を助け,力になり,皆さんの健康で明るい暮らしを支援し,自身の健康が続く限り行動し,人生の生きがいと喜びを感じています。

今後の「いきいき筋トレ」について思うことは,『即座に行動!!』

座っていて立ち上がる時に使う筋肉を鍛える訓練,

寝て起き上がる時に使う筋肉を鍛える訓練,

転んだ時,立ち上がる時に使う筋肉を鍛える訓練,

何事も筋肉に負担が生じることなので鍛えてもらえればと思っています。

 

   

<高齢者に対する運動指導のポイント>

高齢者に対する運動指導で重要なことは,心身の特徴をよく理解することです。指導するときのポイントをまとめたので参考にしてください。

 ①人生の先輩として敬うとともに,生きることについて学ぶ姿勢をもつ。

②丁寧な言葉遣いを心掛け,失礼がないようにする。

③低音でゆっくり,分かりやすい言葉を話す。

④「おじいちゃん」「おばあちゃん」でなく「~さん」と呼ぶ。

⑤「~してください」という指示的な言葉ではなく「~してみましょう」という言葉で自発性を促す。

⑥「できる人はこれをやりましょう」という否定的な表現を「物足りない人はこれをやりましょう」といった肯定的な表現に変える。

⑦高齢者は,二つのことを同時に行う能力が低下している。大切なことを伝えたいときは,いったん動きを止めてから話す。

⑧参加者が自立して運動を続けられるよう「支援者」となる。危険な場合を除き,積極自力で行うように促し,必要以上の補助は行わない。

⑨ネーミングやキャッチコピーを工夫し,高齢者が実施しやすいように配慮する。

⑩目的をもって指導する。楽しさだけでなく,効果的な運動にレクリエーションを取り入れ,やる気を起こさせる。

⑪15分動いたら休憩を入れるなど,緩急あるプログラムを提供する。健康の話をする,水分補給をするなど,適度な休憩があってこそ質の高い運動ができる。

⑫新しいものを次々と勧めず,長時間の少しずつの改善を期待し,ゆっくり進行させる。

⑬体力レベルに幅があるので,強度の調整が容易な種目を選び,調整の方法をしっかりと伝える。

⑭運動のための健康チェックを行い,身体の状態を把握した上で指導する。

 ⑮運動経験が少ない者については,運動の必要性と効果について十分に説明する。

⑯運動による疲労が蓄積しないように,十分な休養と食事の指導も必要である。

 

 

いきいき筋トレボランティア インフォメーション

◎登録更新認定講習会への参加について

登録更新講習会には参加されましたでしょうか。講習会に参加して,運動のバリエーションを増やし,教室の内容をより豊かなものにしましょう。また,皆様がふだん疑問に感じていることなどを,事務局や他のボランティアさんに直接相談していただけるよい機会になると思います。ご都合を合わせて参加してください。

◎ヘルスピア21で実施の筋トレ教室体験について

ヘルスピア21で開講している「いきいき筋トレ教室」に,今まで参加されたボランティアの皆様からは,「勉強になるし,参加する価値がある」「自分が参加者側になって意外としんどいことが分かった」「これはみんな参加した方がよい!」という声をいただいています。アイスブレーキングやレクリエーションの導入方法の参考に,また,ふだんの教室で,正しい実技指導ができているかを確認するよい機会です。ぜひ体験してください。(要予約)

◎住所や連絡先が変更になった人,ボランティア取り消す人の届出について

近頃,電話での連絡がとれなくなったり,送付した案内が返送されてきたりすることが多くなってきました。住所や電話番号等の登録内容に変更が生じた場合や活動ができなくなって登録を取り消される場合は,お手数ですが,登録事項変更届または登録取消届を提出してください。

◎活動報告書を提出してください

皆様からいただいた活動報告書を基に,活動状況と活動場所の調査をしております。また,登録更新時に申請された活動実践状況を確認する際にも必要になりますので,必ず提出していただけますようお願い申し上げます。

◎ボランティア何でもホットラインについて

いきいき筋トレボランティア皆様の相談窓口です。初めて活動する時,対象者に合わせたメニューを知りたい時,活動していて困ったことなど,いきいき筋トレに関することであればどのようなことで構いません。お気軽にご相談ください。

TEL 0120-21-3356 (火~土曜日 9:00~17:00)

 

発行 京都市健康増進センター(ヘルスピア21)
「いきいき筋トレボランティア」事務局

企画・編集・協力 いきいき筋トレボランティア