京都市健康増進センターヘルスピア21京都市健康増進センター    
ホーム
お問合せ
京から始めるいきいき筋力トレーニング いきいき筋トレボランティア いきいき筋トレルーム シニア体力向上教室 Q&A スタッフ紹介 資料請求
最新情報   健康情報
利用案内
利用案内・利用時間
初心者講習会のご案内
トレーニングルーム
プールエリア
リラクゼーションエリア
館内ご案内図
施設概要・交通
ヘルスピア21概要
各種スポーツ教室案内
スタジオ
プール
健康教室
定期利用制度案内
s
京都市健康増進センター診療所
s
チャレンジ企画
s
健康情報
ウォーキング
ストレッチ
s
スタッフ紹介
s
お問い合わせ
s
最新情報
s
s
休館日について

平成28年度「京都市いきいき筋トレ」ボランティア活動報告会開催される!

 平成28年度の京都市「いきいき筋トレボランティア」活動報告会が,盛大に
開催されました。

まだまだ肌寒い天候ではありましたが,約200名のボランティアの皆さんが,
熱心に他の地域での取組報告や専門医の講話等に耳を傾けておられました。

日時  平成29年3月9日(木) 午後1時30分~4時半ごろ
場所  キャンパスプラザ京都 5階講義室
主な内容     
            (以下敬称省略)
★京都市の最近の取組(区役所組織の改編,健康長寿実現の取組)
  京都市保健医療課 堤香織,金谷拓郎 両担当係長

★地域での活動紹介
(1)中京区でのいきいき筋トレ発足について
    安孫子正孝,桐木早苗,田辺幸子
(2)西京区川岡東学区のいきいき筋トレ
    西長康子,前川紀子,宮原美代子

★専門医による講話
  講師;山下琢先生
  (前下京西部医師会会長,整形外科医,スポーツ医,山下医院院長)
  内容;ロコモティブシンドローム「運動すると脳力UP!」

★事務局からの活動実績の状況報告等
 その他

内容の一端をご紹介します。

 会場は 溢れかえるばかりでした!

中京筋トレの皆さん
先ずは安孫子さんからのレポート
学区を越えた取組で,希望する人が筋トレできる機会が増大できました。

 「サンマの開き」の実演披露。軽妙な合いの手 ホッ!に拍手と爆笑の嵐?でした。

 長い期間の筋トレボランティアの取組の成果が着実に拡大!

 認知症予防の取組も取り入れています。
爆笑を買ったクイズの問題
<18歳と81歳の違い>
信号を暴走するのが18歳,逆走するのが81歳・・・・・(笑)
恋に溺れるのが18歳,お風呂に溺れるのが81歳・・・・・(笑)
東京オリンピックに出たいなあが18歳,東京オリンピックまで生きたいなあが81歳・・(笑)

 

ロコモティブシンドロームの講話を熱演いただきました山下琢先生

ボランティアの人たちも,いろんな講座で学んでおられ,食傷気味かと思われましたが,さすが専門医さんでした。
耳にタコができたという人も,人間はすぐに忘れる,何度も何度も繰り返し学習することの大切さを,きっちりとお示しいただきました。そして,イボコロリで,タコを無くしましょう!
と。

 フレイル(衰弱)テストのひとつ,タパカテストは,興味津々でした。

 

事務局の担当者島津より,皆さんからの要望や課題等について報告
また,筋トレボランティアの登録者の内訳
全体で503名 うち男性が109名,女性が394名
と圧倒的に女性が多い現状も報告させていただきました。
東山区では男性のボランティア参加者は0人です。何とか拡大したいですね。

 

 最後に,当協会ヘルスピア21の指導課長で,健康運動指導士として皆さんの運動指導等をさせて頂いている松森から,閉会のあいさつをさせていただきました。

また,来年度も引き続き,楽しく魅力的な活動を行っていただき,この場でご報告が願えますようお願い申し上げます。 
                  文責 田中叡峰

(私も,冒頭に少し挨拶をさせていただきました。)

 特養等で要介護状態の人々が多数生活されておられるとともに,ボランティアに励んでおられたり,ヘルスピア21で精力的に健康づくりに励んでいる元気な高齢者も多数おられる。
この両極化の状況下で,何とか健康寿命を延伸させるためにも,皆さんの取組は非常に大切で,重要な役割を果たしています。
決して派手な取組ではありませんが,小さいことからコツコツと,持続する取組をお願いします。
というようなことをお話ししたかったのですが。