京都市健康増進センターヘルスピア21京都市健康増進センター    
ホーム
お問合せ
京から始めるいきいき筋力トレーニング いきいき筋トレボランティア いきいき筋トレルーム シニア体力向上教室 Q&A スタッフ紹介 資料請求
ヘルスピア21概要 利用案内
利用案内
利用案内・利用時間
初心者講習会のご案内
トレーニングルーム
プールエリア
リラクゼーションエリア
館内ご案内図
施設概要・交通
ヘルスピア21概要
各種スポーツ教室案内
スタジオ
プール
健康教室
定期利用制度案内
s
京都市健康増進センター診療所
s
チャレンジ企画
s
健康情報
ウォーキング
ストレッチ
s
スタッフ紹介
s
お問い合わせ
s
最新情報
s
休館日について
s
 

TOP > 利用案内:ヘルスピア21とは
ヘルスピア21とは
ヘルスピア21外観 ヘルスピア21外観

【京都市健康増進センター「ヘルスピア21」について】

  市民が安全で効果的に健康を育むためには,健康づくりの理論や方法の開発,指導者の養成,場所の確保などの条件整備が必要ですが,市民の健康づくりをとりまく環境は決して十分といえない状況にあります。まず,健康づくりを行う施設や機会が,身近に十分用意されていないこと,更に,健康運動を指導する施設で,利用者一人一人に適した指導を行う体制を整備している施設が極めて少ないこと,また,健康づくりの指導者が不足していることや安全で効果的な健康づくりの方法が市民にあまり知られていないことです。これらはいずれも,市民が適切に健康づくりを進めるために解決しなければならない課題であり,これらの課題に対して,市民の誰もが自己の年齢,体力に応じてより安全に,より効果的に健康づくりが行える機能を備えた施設として平成5年(1993年)7月21日に京都市健康増進センター「ヘルスピア21」がオープンしました。ヘルスピア21は,「自分の健康は自分で守る」という機運をさらに高め,市民の健康の保持増進を推進するための拠点施設です。

【ヘルスピア21の管理運営について】
平成15年の地方自治法改正により「公の施設の指定管理者制度」が導入され,公の施設について民間事業者等も管理運営することが可能となりました。この「指定管理者制度」に基づき,京都市健康増進センター「ヘルスピア21」の管理運営が,前々回(平成18年度~平成22年度)及び前回(平成23年~平成27年度)に引き続き平成28年度から平成32年度までの5年間についても,京都市から「豊富な運営実績や団体の運営理念に基づく健康寿命延伸を目指す取組み」等が評価され,引き続き公益財団法人京都市健康づくり協会が選定されています。

   指定管理者の管理運営状況について

【公益財団法人京都市健康づくり協会】

健康は大切なものです

1 財団法人の設立目的と経緯
健康づくりは、生涯にわたりより良い健康をめざし,栄養,運動,休養のバランスのとれた生活を営み,日常生活の中から健康を阻害する要因を取り除き,環境の変化に対応できる健康な心身を作ることでもあります。財団法人京都市健康づくり協会は,健康づくりに係る関係団体等の皆さんと協力連携しながら,市民の皆さんの健康と福祉の向上に寄与することを目的として平成5年に設立されました。 以後今日まで,健康づくりのための各種健康教室等の実践活動や知識の普及啓発活動,あるいは健康づくり指導者・ボランティアの養成等の事業を積極的に取り組んでまいりました。 また,地方自治法の改正により公の施設の管理運営に「指定管理者制度」が設けられ,京都市健康増進センターも指定管理の対象となったことから,当協会はこれまで培ってきた経験やノウハウを生かした提案を行い,平成18年度から平成22年度及び平成23年度から27年度までの10年間,そして引き続き平成28年度から平成32年度までの5年間の3次にわたって京都市健康増進センターの指定管理者として指定を受けています。 管理運営に当たってはもっとも効率的な方法で,高品質で満足度の高い市民サービスの提供が行えるよう,経費の削減に努める等自主的な経営努力を促進しております。 
2 公益財団法人への移行
 平成20年に公益法人制度改革関連3法が施行されたことに伴い平成25年11月末日までに新たな法人への移行が必要となったことから,当協会は平成23年度から本格的に移行準備に取り掛かりました。 当協会はこの公益法人制度改革を自らの法人の在り方の再点検の機会として積極的に受け止め,検討協議を行ってきました。 その結果,設立趣旨からはもちろん,当協会が行っている事業が不特定かつ多数の市民の皆さんの利益の増進に寄与するものであり,とりわけ中高年齢者に対する生活習慣病対策や生活機能の低下防止等社会保障の基礎となる分野において京都市や関係団体等と連携協力し,市民の健康保持増進に大きく寄与していることから,平成24年8月に公益財団法人への移行認定申請を行いました。 そして,平成25年3月18日付けにて京都府知事の公益認定を得,平成25年4月1日付けにて新たに公益財団法人として発足することができました。
 3 協会の役割 
(1)健康づくりを図るための実践活動の推進

 ・中高年齢者に対する健康保持増進事業

  〇生活機能維持向上

  〇自立,社会参加能力の低下予防

 ・中高年齢者の保健指導事業等の推進

  〇生活習慣病の予防推進

  〇疾病の早期発見,早期治療

 ・中高年齢者の健康増進事業の推進

  〇健康保持増進に係る意識の向上<きっかけづくり>

  〇自らの健康度の把握,自らの健康保持増進プログラム等の策定支援

  〇持続する健康保持の取組支援

 ・ 健康度測定等推進体制の充実強化

  〇医学的検査や食事調査等の実施による健康度測定等

  〇健康,栄養指導等健康増進取組支援

 ・健康づくり関連団体等との連携協力,活動支援事業並びに調査研究および普及啓発事業

  ①健康づくり関連団体への講師派遣および健康づくりの調査研究等

  ②高齢者筋力トレーニング普及推進ボランティアの養成等

(2)青少年等の健全な身体の増進事業

  〇ストリートダンスや少林寺流拳法等各種スタジオ教室や水泳教室の開催等

  〇外国人宿泊者等に対するトレーニングルーム等の提供

(3)診療所における健康度測定の実施

  〇内科・小児科の一般外来診療(平成16年4月~平成25年6月)

  〇各種健康診断や労働安全衛生規則に基づく医学的検査等の実施

(4)京都市健康増進センターの管理運営

  〇平成18年度から平成32年度まで3次にわたり,指定管理者として選定

  〇最も効率的な方法による,高品質で満足度の高い市民サービスの提供

4 協会の概要 公益財団法人京都市健康づくり協会 
  理事長; 田中叡峰 
  所在地;〒601-8441 京都市南区西九条南田町1-2 
  電話番号;075-662-1300 
  役員等のご紹介            (平成29年8月22日現在)

役職名

氏名

備考

理事長 田中 叡峰  
常務理事 辻本 成秀  
理事 松井 道宣 京都府医師会会長
理事 安岡 良介 京都府歯科医師会会長
理事 河本 勲則 京都府放射線技師会会長
理事 今西美津惠 京都府看護協会会長
理事 宇野 進 京都府薬剤師会副会長
理事 岸部 公子 京都府栄養士会会長
理事 仁田 一明 京都新聞社取締役 編集 システム,メディア 労務担当 デジタル推進局長
理事 別府 正広 京都市保健福祉局健康長寿のまち・京都推進担当局長
理事 塩見 徹也 京都市南区保健福祉センター長
監事 大川 雅司 公認会計士
監事 塩山 晃弘 京都市保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室健康長寿企画課長
評議員 小柳津治樹 京都府医師会理事
評議員 岸本 知弘 京都府歯科医師会理事
評議員 尼川 龍一 京都府病院協会理事
評議員 藤澤 明生 京都私立病院協会理事
評議員 今井 隆徳 京都青年会議所常任理事
評議員 宮部 真典 京都新聞社運動部長
評議員 宮本 英樹 京都放送総務局総務部長
評議員 北川 龍彦 京都市体育振興会連合会顧問
評議員 山内 寛 京都市保健協議会連合会副会長
評議員 藤中 良二 京都市老人クラブ連合会常務理事
評議員 瀬川 彰 京都市文化市民局スポーツ担当局長
評議員 谷口 隆司 京都市保健福祉局医務監・保健所長
評議員 内山 修 京都市南区長

ディスクロジャー

公益財団法人京都市健康づくり協会に関する情報を公開します。

定款

平成28年度事業報告

平成28年度収支決算

平成29年度事業計画

平成29年度収支予算

平成27年度事業報告

平成27年度収支決算

平成28年度事業計画

平成28年度収支予算

平成26年度事業報告

平成26年度収支決算

平成27年度事業計画

平成27年度収支予算

平成25年度事業報告

平成25年度収支決算

平成26年度事業計画

平成26年度収支予算

平成25年度事業計画

平成25年度収支予算

平成24年度事業報告

平成24年度収支決算

平成24年度事業計画

平成24収支予算

平成23年事業報告

平成23年収支決算

▲ ページのトップへ